top of page

【1月 お餅つきイベント】in 原宿 

更新日:2020年2月16日



こんにちは!


まっすーです。

今年もよろしくお願いします。


さて、1月22日。

2020年、最初のイベントを行いました。  



今回はイベント全体の雰囲気を伝えるのではなく、

自分の思ったことを書いていきます。




貸し切った場所は原宿駅から5分ほどのカフェ。

3階と4階を貸切りました。




さて、どんなイベントになったのでしょうか?

結論から話します。






















これで全員です。







そうです。




集客に失敗しました。


 













参加者まさかの2人。(自分を含めて)


私の中学からの友人はきてくれました。







もともと、10人ほど集まっていのですが、


イベントが近づくとキャンセルが出てしまいました。





仕事が忙しかったり、風邪を引いてしまって来れない方が多かったです。

これはどうしようもないです。




当日になってキャンセルが出てしまい、

結果、二人です。



もしあなたが、イベント主催者なら、

イベント自体をなくすかもしれません。





ただ、会場はすでに抑えて、

会場費も全額払っていたので、

こうなったら、二人で全力で楽しもう!

という、ポジティブスイッチが入りました。




「カフェを二人で貸し切って餅つきをして食べる」





私はこれが逆に面白いと思いました。

食材を近くのスーパーで揃え、

いざ会場へ。







カフェは広すぎました。

このスペースを2人で使うのか〜(内心めっちゃワクワクしてました)








2人しかいないので、イベントスケジュールも関係ありません。


とにかく楽しむことが第一。


すぐに、お餅つきの準備。












カフェ側がすでにもち米を水につけてくれていたので

炊飯からスタート。


もちろん早炊気で。


炊き終わる前に、すでにワインを開けて乾杯。








もち米が炊き終わり、

いざ、お餅つき。




臼と杵をセットし、

2人でつき始めました。








これが楽しい。




餅をつくのは小学生以来でしたので、

15年ぶりに行いました。



2人しかいないので、交代で打ち続けました。



すると、

お餅に変化。






今回は、きな粉を用意し、

砂糖と合わせました。






そこにお餅を小さくまとめて、


入れる。




きな粉をつけて、一口食べてみる。











めっちゃうまい!!!






人生で一番美味しいきな粉もちが完成しました。


つきたてということもあり、

口の中でお餅が溶けるんです。


2人で感動。笑



炊いたもち米はまだ残っていたので、

普通に、カレーと炊き込み御飯でいただきました。



さらに少しもち米が残ったので、

全部、お餅にして、きな粉もちにしました。


2度目ということで二人とも上達していました笑












本当は、たくさんの人と交流しながら、

お餅をつく予定でしたが、

今回は二人でお餅つきのスキルを高めるイベントになりました。


とにかく楽しかった。


なかなか、カフェ貸し切ってお餅つきをすることがないし、


まして、

2人でやるなんて、今後はないと思います。(次はみんなでお餅つきたい!)



友人も楽しんでくれて、私も楽しかったし、

人生初の経験ができた最高のイベントでした。




もともと、私のイベントの目的は

楽しい時間をみんなと過ごし、人生を楽しく するものであるので、



今回のイベントも成功です。





ただ、カフェを2人で貸し切るのはもったいなかった。


今回の反省も生かして、


2月は、初の土曜日開催です。


「2月22日」


ぜひ遊びに来てください。


人生をもっと楽しくしていきましょう。


まっすー








閲覧数:29回0件のコメント

留言


bottom of page